完成までの流れ


お問い合わせ

スプラウトではご自宅や店舗などでお使いの椅子やソファーなどの張替を承っております。汚れや破れが目立ってきた大切な家具を、新しく蘇らせるのが私達のタスクです。静岡県浜松市を中心に、東京 大阪 名古屋 全国対応しております。メールか電話でお問い合わせ下さい。*遠方のお客様はメールに現状の写真を添付して頂けるとスムースです。

ヒヤリング・受注

実際にこれから張り替える家具を見ながらお客様のご要望と私達のアイデアを擦り合せながら、ベストな生地と仕上がりをプランニングしていきます。こちらから直接伺って受け取りと配達が可能な範囲は浜松市から車で1時間くらいの範囲です。

型どり

張替えする物から形状に合わせ型を作ること
張替えの際に表皮が破れてしまっている物もある為、一度表皮を綺麗に剥がし中身のウレタンの状態で3次元に型取りをしていき平面の紙に表現をしていきます。
型取りで実際のフィッティングや仕上がりを決めると言っていいほど重要な作業です。

断裁

1枚の反物から型取ったラインで裁断していくこと
量産品であれば機械によるNC裁断が主流ですが、オーダーメイドでの対応を重視している為1パーツごとに、専用のはさみによる手裁断を行っています。
使用する生地もおろしたての物を常に使用するので、製品の精度が上がり、対応年数も長くお使いいただけます。

縫製

裁断した生地を工業用ミシンを使って縫製していく作業のこと
3次元の立体縫製をしていくので、熟練の経験を積んだ職人でしかできない専門的感覚が必要である。様々な形の縫製を経験した職人が程よい力加減と出来上がりをイメージしながら縫製していくことで仕上がりが良くなります。
縫製で使用するミシンは信頼の高い製品のみを採用し、厚手の生地や大きな物でも縫えるアームの長いタイプも導入しています。

張り

表面の生地を張りこんでいく作業のこと
さまざまな家具がありますが、食卓椅子の張替こそが張替えの原点です。
座り心地を考え、生地を張り過ぎずに、そして緩くシワがよらない絶妙な加減で張っていきます。さまざまな形状の張りを経験することで、見た目の仕上がりはもちろんのこと、長くお使いいただける座り心地の良い椅子に仕上がります。

仕上げ

座面などを土台に組み付けていく作業のこと
椅子はネジとダボ木で固定されているのがほとんどです。ネジの場合は締めすぎずに、緩んでこない様な強さで締め付けをします。この時に、外した部分以外もすべて均等に締め直しを行っています。ダボの場合は緩んでいたら、専用の接着剤ではめなおして圧着をかけるます。長年使っていた椅子もしっかりと締め直してあげることで骨組みの歪みがなくなり椅子へのダメージを軽減します。
椅子の表面を張替るだけではなく、椅子の骨組みである木の手入れも行うことが可能です。表面についた汚れをとり磨きをかけるとツヤも蘇り、使い込んだ風合いがでてより綺麗に仕上がります。より長く大切にお使いいただく家具だからこそ最後まで丁寧に仕上げております。

アフターフォロー

スプラウトでは、保証期間を定めています。万が一、張り替えた家具に不具合が発生した場合は、いつでもお気軽にご相談ください。